大人の男の財布とは

学生の頃と違い、社会人それも30代に入ると、さすがにチープな財布はいかがなものかという自意識が働きます。
誰もが持っている財布ですが、女性なんて特に一緒に食事をして支払の時にふと取り出した財布で引いてしまう時があるのではないでしょうか。
大人の男性のお財布って、女性から見てどういうものが素敵!と思えるのだろう。
30代以上50代未満の男性とお食事をした場合。オシャレなお店でダンディなイケメンとこじゃれた会話をして、いざ支払の時に、ダ〇エーかどっかで買ったの?的な庶民的すぎるお財布を取りだしたら、なんとなくしょんぼりする。
またナイロン財布をバリバリ剥がされても、ちょっと萎える・・・
まあ同じ男でもその財布はちょっと・・・と思うような財布は女性も同じでしょうか。
上質な革製の長財布なんて持っていたりすると同じ男でもグッと惹かれる物があります。

もちろん本革は合皮と比べるとお値段は決して安いものではありませんし、手入れが面倒だという印象もありますね。
しかしきちんとお手入れしないと「ひび割れ」「色あせ」「型崩れ」などのリスクがあります。
また水気に弱いので取り扱いが簡単とは言いがたいですね。
しかし適切なお手入れができれば他のどの素材よりも耐久性に優れているのですよ。
そして本革ならではの「経年劣化」が楽しめます。
通常、合皮などの財布は使用してからただ劣化が進んでいくだけです。
まあ全てにおいてそうですが。よく擦れてしまう所がほつれや、ハゲてしまったり、変色してしまったりすると思います。
しかし本革製の物はその劣化が楽しめるのです。
使えば使うだけ味になります。最初は明るかった色の物が使い込んで行くたびに色が深くいい色になりますし、肌さわりも馴染んできます。
これが本革製品の長く愛用されるポイントでもあるのです。
革製と聞くと海外が主流だと思いますが、今は日本の革のハンドメイドも注目を浴びているのです。

日本の職人は世界に通用する繊細な技術が高く評価されています。これは革製品にも全く同じことが言えます。
驚くほど細かい部分まで徹底的にこだわって作られた日本製の財布は今や世界中で愛されているほどなんです。
参考:長財布人気ランキング

使う事を考えてみても、財布そのものが持つ価値を考えてみてもオススメです。

最近はクレジットカードや電子マネーで支払うケースも増えてきましたね。
いちいち小銭を出したりしまったりしなくていいので楽なのですが、そうするとどうしても財布にはカード類を収めるポケットがたくさん欲しくなります。
スマートフォンのケースにカード入れがついているものもありますが、財布とカードを分けてしまうとどちらかを忘れてしまいそうでどうも落ち着きません。
できれば一か所にまとめたいのですが、そうなると長財布の収納力へ目移りしてしまいます。

でも大きさが、と収納力と持ち運ぶ大きさのバランスが、今財布を探す時のポイントになっています。
人前に出す機会は少ないのですが、出す時は必ず見られている財布。今の自分にふさわしい素材、大きさ、収納力を持つ一品をこれからも探すことになると思います。

長財布に買い換えて分かったこと

お財布の形について、今まで気にしたことはありませんでした。
しかし、金運を上げるには、長財布が良いと知ったので、さっそく買い換えました。

確かに、お金持ちは長財布を使っている割合が高いです。
お札を折り曲げずに、大切に取り扱うことが金運アップにつながるようです。
長財布はお札の向きも並べやすく、整理しやすく感じます。

ただし、鞄の中を大きく占領してしまうのが難点です。
小さな鞄だと、長財布1つだけしか入らない場合もあります。
しかし、存在感が大きいことが長所でもあります。置き忘れや、落としてしまう心配が少ないです。
また、二つ折財布のようにポケットに入らないため、鞄の中に入れるようになります。

きちんと鞄に入れる習慣は、盗難対策にもなります。
長財布を使うことは、改めて財布は貴重品入れだという意識を高めてくれます。
金運の効果はわかりませんが、お金や財布を丁寧に扱う気持ちを育ててくれます。
二つ折財布も便利ですが、これからは長財布を使い続けるようと思います。

お茶の秘めたるパワー

私は甘党なので、ときどき甘いもを無性に食べたくなってしまいます。
そんな時は大概、食べ放題のお店に行ってその衝動を満たしています。

でも、ケーキーって一個あたりのカロリーが250キロカロリー程度あってかなり高いのです。
もちろん一個だけでは満足しないので、合計するとものすごいカロリーを摂取してしまいます。
私は、そんな時の対策として、脂肪の吸収を抑えたりするドリンクを一緒に頼みます。
プーアール茶などはそんな効果のあるドリンクです。
最近のドリンクバーは実に充実していて、日本茶やウーロン茶などからハーブティーや黒豆茶などのちょっと変わったものまで用意されています。

ハーブティーなどはデトックス効果の高いので嬉しいですね。
私の良く行くお店は、お茶の効能が書いてあるのでとても参考になります。
食べ過ぎないのが一番いいのでしょうが、好きなものは我慢できません。
まぁ、ドリンクバーもある事ですし何とかなるでしょう。…多分

使ってみて意外と良かった長財布!

これまでずっと二つ折り財布にこだわって使っていました。
いやしかし、そうは言っても、「どこのブランドの二つ折り財布じゃなきゃダメ!」といったような、そこまでの窮屈なこだわりではなくって、「やっぱり財布は二つ折り財布が使いやすいよねー」といったようなものなのですけれど。

なぜに二つ折り財布を好んでいたのかと言いますと、ポケットにも入れることができるぐらいのコンパクトさが二つ折り財布にはあるからです。
しかし、もうアラサーになってみて今更ながら気がつくのですが、財布をポケットには入れませんね。

ですからまあ、私がこれまで長年、二つ折り財布にこだわって財布を選んでいたことは、あまり意味がないことであると言えるでしょう。
それに私のバッグは小さいバッグではありませんし。
ですから、二つ折り財布のようなコンパクト財布ですと、バッグの中で迷子になることもしばしばでしたね。

ですからまあ30代に入り、長財布を使ってみたのです。
するとまあ使いやすいこと!カード入れもたくさんありますからね。
なにより大きいので小銭も取りやすいのです。本当に今更ながらですけれど、長財布が使いやすくて驚きました。

お財布の形状について

財布とは、このお金が必要な今日においてなくては必ず身に着けるものといってもいいのではないでしょうか。
しかしながら、一口に財布と言ってもその形状は様々です。
小銭を主に使う方でしたら小銭入れかもしれません。
また、お札を主に使ったり、カードをたくさん持っている方だと長財布になるかもしれません。
ただ、自分のライフスタイルに合った財布を探すのはみなさんそれぞれにかされた使命しかしながら答えにたどり着くのは難しいかもしれません。
たとえば、二つ折り財布などはどのような方にあうのでしょうか。

鞄の中の横のスペースが十分でなかったりするとそのような形状を好まれるでしょう。
残念ながらそれにはデメリットがあります。お札をまげて入れなければいけないことです。
お札をだすときにもしまっすぐシワのない状態であれば、丁寧に扱うことをできるのでしょうが、常に曲げた状態だとどうでしょうか。
もしかすると、少しお金へのありがたみが半減したりするかもしれません。
このように、お財布の形状にはいろいろありそれぞれメリットデメリットがあるので、どれがいいか自分で判断することが大事だと考えられます。

「在庫が無い」が無いのがメリット!

私は身長も足のサイズも大きく、事前連絡なしに店頭で靴や洋服を買うことはほぼできません。
実際に買いにいき、店員さんから「在庫がありません」とか「取り寄せるので一週間かかります」とか、「うちに置いてあるもので一番大きいサイズでもムリですね」など、よくありました。
その度に、「お店に行く時間や交通費のムダだったなぁ。」と思いながら帰っていました。

その当時は、amazonも今ほどメジャーではなかったので楽天市場やYahoo!などで検索をかけて、ショップのページへたどり着く。といった感じでした。
靴に関しても洋服に関しても、実際の店頭では私のような大きいサイズはそれほど需要も無いので、在庫を置いていてくれるお店はほとんどありません。

しかし、ネット通販ならば在庫の有無も自宅から確認することができますし、なにより検索をかけるだけで情報が出てきますので、店舗の場所や店内を探す手間が一切ないと言うことです。
一度その便利さを経験してしまうと、実際の店舗へ出向こうという考えは無くなりましたね。